ヘッセと猫の画像
当サイトにようこそ!
当サイトはドイツの作家「ヘルマン・ヘッセ」のファンサイトです。
その言い回しの美しさから、根強いファンも多いヘッセですが、このサイトではその生い立ちを追っていきます。
当サイトはリンクフリーです。お好きにリンクを貼っていって下さい。
HOME 出版物一覧 年譜:年表 本の概要・感想など
当サイトは、Firefox1.5以上のバージョンにて最適化されています。Internet Explorerでは正常に表示できない恐れがあります。管理人はCSSに準拠したFirefoxをおすすめします
Firefox 2 無料ダウンロード
ヘルマン・ヘッセの年譜・年表
1877年7月2日 南独シュヴァーベン地方の小都市カルヴに産まれる。
1880年(3歳) 妹マルラ産まれる。
1881年(4歳) ヘッセ一家はスイスのバーゼルに移住。両親は海外布教師の指導にあたる。
1882年(5歳) 弟のハンスが産まれる。(弟は後に自殺する)
1884年(7歳) 同志社の創立者新島襄がヘッセ家を訪問する。
1886年(9歳) ヘッセ一家がカルヴに戻る。
1890年(13歳) シュヴァーベンの州試験受験のため、ゲッピンゲンのラテン語学校に転校する。
1891年(14歳) 7月州試験に合格。9月マウルブロンの神学校に入学。寄宿生活に入る。
1892年(15歳) 3月に神学校を脱走。ノイローゼのため5月に休学。後に退学し、自殺を企てるが失敗する。
11月にカンシュタットの高校に編入するも、1年足らずで退学になる。
1893年(16歳) 10月にエスリンゲンのマイアー書店の見習いとなるものの、3日と続かず、父の出版の手伝いをする。
祖父のグンデルトが死す。
1894年(17歳) 6月、カルヴのペロット機械工場の見習い工となる。
1895年(18歳) この頃から詩作を始める。10月、テュービンゲンのヘッケンハウアー書店に見習いとして雇われる。
1898年(21歳) 見習いを卒業し、書店員に昇格。友人達と文学のサークルを作る。
1899年(22歳) 「ロマン的な歌」「真夜中過ぎの1時間」を刊行(リルケに認められる)。秋にバーゼルの書店へと移る。
1901年(24歳) 「ヘルマン・ラウシャー」をライヒ書店より刊行。春にイタリア旅行に出かける。
1902年(25歳) 母に捧げる「詩集」刊行の直前、母が死す。
1903年(26歳) 再びイタリアに旅行。書店を退職し、文筆に生きる決心をする。
1904年(27歳) 「ペーター・カーメンツィント」がフィッシャー書店より刊行され、ヘッセの出世作となる。
「ボッカチオ」「聖フランシス」刊行。9月マリーアと結婚。漁村のガイエンホーフェンに移住する。
1905年(28歳) 「ペーター・カーメンツィント」により、バウエルンフェルト賞を受ける。長男ブルートが誕生する。
1906年(29歳) 「車輪の下」刊行。この期の代表作となる。
1907年(30歳) 風刺作家ルートヴィヒ・トーマらと共同編集で、半月刊誌「3月」を編集。「この岸」を刊行。
1908年(31歳) 平凡な市民生活を扱った「隣人たち」を刊行。
1909年(32歳) 作家ラーベルをブラウンシュヴァイクに訪ねる。次男ハイナー誕生する。
1910年(33歳) 音楽家小説「ゲルトルート」刊行。スイスの音楽家達と交遊を深める。
1911年(34歳) 詩集「途上」刊行。友人の画家シュトゥルツェンエッガーと東南アジアに旅行。三男マルティーン誕生。
1912年(35歳) 「まわり道」刊行。スイスの首都ベルン郊外の画家ヴェルティの別荘に移住。孤独感が深まる。
1913年(36歳) 紀行「インドから」刊行。
1914年(37歳) 画家小説「ロス・ハルデ」刊行。7月第一次世界大戦が勃発。ベルンで戦争捕虜慰問事業局に奉仕。
「おお、友よ。そんな調子はよそう!」という平和主義的短文を発表したため、非国民扱いを受け、ドイツのジャーナリズムからボイコットされる。
1915年(38歳) 「クヌルプ」刊行。小品集「路傍」、詩集「孤独者の音楽」刊行。ロマンロランが8月ヘッセを訪れる。
1916年(39歳) 「青春はうるわし」刊行。父の死に加えて妻の精神病が悪化する。ヘッセ自身も神経症に悩み、ユングの高弟ラングの治療を受け、フロイトの著作に親しむ。
1918年(41歳) 「芸術家と精神分析」をフランクフルト新聞に発表。この頃から水彩画を描き始める。
1919年(42歳) ジンクレールという匿名で「デーミアン」を発表し、フォンターネ章が贈られたが、一年後に実名を出し、受賞を辞退する。評論「ツァラトゥスの再来-ドイツ青年に一言」を匿名で発表。「メールヒェン」「小さな庭」刊行。マリーア夫人と別れ、子供達も他所に預け、モンタニョーラに移り、以後ここに定住する。個人編集の雑誌「われ、生ある者を呼ぶ」を刊行。(23年まで発行は続いた)
1920年(43歳) 詩と水彩画集「画家の詩」、詩集「さすらい」、中編「クリングゾールの最後の夏」などを発表。
戦後の窮乏生活が続く。「一生のうちでもっとも非生産的で悲しい年」とヘッセは嘆いている。
1921年(44歳) 「新詩集」を刊行。
1922年(45歳) インドの詩と副題される「シッダールタ」を刊行。第一部はロマンロランに、第二部は日本在住の従弟ヴィルヘルム・グンデルト博士に捧げられた。ロマンロランと再会も果たす。
1923年(46歳) マリーア夫人と正式に離婚。T・S・エリオット来訪。「ジンクレールの覚書」発表。スイス国籍を取得。
1924年(47歳) 1月、ルート・ヴェンガーと結婚。
1925年(48歳) ノヴァーリスとヘルダーリンの「生活記録」を編集刊行。秋南独に赴き、トーマス・マンを訪問、詩人リンゲルナッツと出会う。
1926年(49歳) 「絵本(風物帖)」を刊行。精神的にも肉体的にも危機が訪れる。
1927年(50歳) 「荒野の狼」「ニュルンベルクの旅」刊行。二度目の妻であるルートと離婚。
友フーゴー・バルの「ヘッセ伝」が刊行されたが、その直後バルは41歳の若さで死す。
1928年(51歳) 評論集「観察」、限定版詩集「危機」刊行。
1929年(52歳) 次第に健康を取り戻す。「夜の慰め」「世界文学文庫」を刊行。
1930年(53歳) 長編「ナルツィスとゴルトムント(邦訳:聖母の泉、または知と愛)」を刊行。
1931年(54歳) 8月、12年住んだ家を去り、新居に移る。11月、美術史家ニノン・ドルビンと結婚。
1932年(55歳) ゲーテ没後100年祭にあたり、ロマンロランの雑誌「ヨーロッパ」に寄稿。「東方巡礼」刊行。
1933年(56歳) ヒトラー、政権を獲得。マンが国外亡命。ヘッセは亡命作家の資金集めに努力。「小さな世界」を刊行。
1934年(57歳) 詩抄「生命の木から」をニノン夫人に捧げる。
「ガラス玉遊戯」の序章と「雨ごい師」を「ノイエ・ルントシャウ」誌に発表する。
1935年(58歳) 「寓話集」を刊行。11月、弟のハンスが自殺。
1936年(59歳) ドイツ軍のライン州進駐。スイス最高の文学賞「ケラー賞」を受賞する。
1937年(60歳) 回想録「思い出草」、「新誌抄」を刊行。
1939年(62歳) ナチス政権化のドイツにおいて、「好ましからぬ作家」として用紙の配給を絶たれる。
1941年(64歳) スイス版の全集を出す協定が成立し、絶版となっていた「真夜中過ぎの1時」が再販される。
1942年(65歳) スイス版「詩集」刊行される。
1943年(66歳) 大作「ガラス玉遊戯」二巻が、スイスで刊行される。
1944年(67歳) 生涯の友、ロマンロランが死す。
1945年(68歳) 平和蘇る。復活祭にはバーゼル放送局に、「平和に向かって」を寄せる。
1946年(69歳) 8月、ゲーテ生誕の日にゲーテ賞を受け、秋にノーベル文学賞をも受ける。ドイツ版刊行の道も再開される。
1947年(70歳) ベルン大学より名誉博士号を贈られる。春に、ジッド来訪。
1948年(71歳) 「初期散文集」を刊行。
1949年(72歳) 故郷カルヴにちなんだ文集「ゲルバースアウ」刊行。
1950年(73歳) ブラウンシュヴァイク市よりラーべ賞を贈られる。マンの誕生日に際して、書簡を贈る。
1951年(74歳) 「書簡集」、「後期散文集」刊行。ジッド追悼を書く。
1952年(75歳) 75歳の誕生を祝う諸家の記念講演集「ヘッセへの感謝」が出版され、ドイツやスイス各地で記念行事。
「全作品集」6巻がズールカンプ社よ公刊。
1954年(77歳) ホイス大統領より平和勲章を贈られる。「ヘッセ=ロラン往復書簡集」刊行。
1956年(79歳) カールスルーエ市にヘルマン・ヘッセ賞が設けられる。
1957年(80歳) 80歳を祝して、「全作品集」に1巻増補、刊行される。
1959年(82歳) 増補版「書簡集」刊行される。
1960年(83歳) 豪華本記念帖「ヘッセ・アルバム」刊行。
1961年(84歳) 新詩集「階段」(私家版)
1962年(85歳) 8月9日、脳出血のため睡眠中に死去。ルガーノ湖畔の聖アボンディオ教会墓地に埋葬される。
ニノン夫人は、1966年9月に世を去った…
 
Copyright (C) 2007 「ヘッセファン倶楽部」 All Rights Reserved.